FC2ブログ

記事一覧

安楽死はおまかせ♪

オーストラリアのビクトリア州で先月、同国初となる安楽死を合法化する法案を可決した。この法案は、2019年6月から施行される予定で、他人が幇助する積極的安楽死が認められることになる。

 その発表の数日後、オーストラリアのフィリップ・ニッツチク医師は、未来の冬眠チャンバーを思わせる自殺幇助マシーン「サルコ(Sarco)」を発表した。

 このマシーンは、最先端技術を駆使し、苦痛なく速やかに逝ける「合理的な自殺」を約束するものだ。

ポッドに入りボタンを押すとおよそ1分で苦痛のない安らかな死へ

 サルコを開発したのは、ニッツチク医師が代表を務める自殺幇助推進組織「エグジット・インターナショナル(Exit International)」だ。

 マシンのベース部分に人間がぴったり収まるサイズの半透明ポッドが設えられている。利用者はポッドに入ったら、ボタンを押す。

 するとポッド内に液体窒素が充満し、酸素濃度を5パーセントくらいまで低下させる。1分もすると利用者はほとんど苦しむことなく意識を失うという(ニッツチク医師はこのプロセスを飛行機のキャビン内の圧抜きに例えている)。

 通常ならその1分間、酸欠で苦しむと思うんだけれど、技術の力でその問題が解決されたということなのだろうか。

 こうして速やかな死が訪れた後は、ポッドを棺として利用することも可能だという。ベース部分は再利用される。


http://karapaia.com/archives/52250373.html

2258829.jpg


1分であの世にいける安楽死マシーンが登場とのことですが、
安楽死するぐらいならこんな大そうな機械はいらんだろうw
私の従姉妹が薬剤師してますが、「安楽死したいならいつでもいってね~♪」って言ってましたから、
なんかコロっと逝く秘薬があるんだろうねw
世界的に超長寿時代を迎えて、ビクトリア州以外でも、ベルギー、カナダ、コロンビア、
ルクセンブルク、オランダではすでに幇助自殺が合法化されていますね。
アメリカは州によって異なるが、死ぬ時期や方法を選ぶ権利への支持は広まりつつあるといいます。
私も日本でも安楽死は認められると思うな。
統計学的に健康寿命というのが明確にあって、男は72歳で女なら77歳です。
私が見てきたお年寄りを思い出しても、元気でいれる分水嶺はだいたいこんな感じです。
一般に長寿は良いこととされていますが、必ずしもそうではないですよ。
私の祖母がそうでしたが、長生きの最終局面は、苦しいだろし悲惨ともいえる。
昔のように、自然な死を迎えるほうが絶対にいい。
病気の治療と延命を何より大事とする医療のあり方は考え直したほうがいいということ。
治療することでかえって死に至るまでの苦しみが増してしまうケースが多いと思うな。
チューブだらけにされた祖母とは正反対に、
年老いた叔父はいっさいの薬や治療を拒んで、眠るようにやすらかに逝ったから余計にそう思う。



記事が面白かったときだけ応援クリックお願いします(^^;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
スポンサーサイト



プロフィール

専業トレーダーです

Author:専業トレーダーです
会社経営やめてから十数年専業トレーダーとして生きております。


為替・FXランキング

売買シグナル配信ランキング

社会・経済ランキング

最新コメント

月別アーカイブ