fc2ブログ

記事一覧

ブログ14周年記念

ブログ14周年記念セミナー
5558999141414.jpg

7月でブログが14周年を迎えます。
ほとんどの記事が相場とは無関係の時事ネタですが、独断と偏見に満ちた記事を楽しみにしてくださる方もいて、
それを励みにコツコツと書いてきました。
今では誰もご存じないと思いますが、ブログ自体はもっと前からあって、15年以上前にこのブログの前身となるのがヤフーブログでした。
2006年7月18日 に大阪証券取引所にて日経225miniの取引開始されたタイミングでした。
当時、寄り付いてからリアルタイムで指値での売買シグナルをアップするスタイルで始めました。
短時間決済のデイトレのような感じです。
あの頃は、業者・個人問わず、ほとんどのサイトが結果だけ後出しするスタイルだったので、けっこうインパクトがあったと思います。
実際、半年間の戦績は週単位では全勝(日単位でも1ヶ月全勝もありました)して、誰でもフリーで閲覧できるようにしてたこともあって、たくさんの読者が見るようになりました。
それにつれて場中のコメント欄を通じてのご質問やお問い合わせ、その他がどんどん増えたのですが、
バカ正直にひとつひとつにリアルタイムで回答してたので、ついにさばききれなくなって、途中で投げ出してやめてしまいました(笑)
懐かしいです(^^;)

それまではプロだけの市場だった日経225先物でしたが、ミニの登場で個人投資家が爆発的に増えて、
システムトレードも流行りましたね。
とにかく市場に活気がありました。
今と違って若い人もとても多かったように感じます。
個人投資家そのものに余裕があった時代ですね。
私のような専業トレーダーや準専業トレーダーもあの時代のほうが多かったのではないでしょうか。
直接お付き合いのあるトレーダーも何人かいました。
お互いのトレード手法については、腹の探りあいのような感じで具体的に詳しく聞かないのが暗黙のルールになってましたが、
日経225先物に関しては、どこの証券会社を使っているのかでだいたいの実力はわかったものです。
普通の個人投資家は、手数料の安さや知名度だけで証券会社を選ぶのですが、
あの当時のプロやセミプロ級の個人投資家は手数料が5倍も6倍もするところを選んでました。
萬成証券やセンチュリー証券ですね。
なぜか?
約定速度が圧倒的に速かったからです。
寄り引け型トレードだと約定速度は影響しませんが、短時間決済のデイトレだととんでもない差になるんですね。
それこそ手数料が5倍や6倍だろうとむしろ安いぐらい。
個人のプロやセミプロはそれを知ってるから、手数料の安さや知名度だけでは絶対に選ばないです。
逆にいえば、この証券会社使ってるってだけで、「とぼけた顔してるけど、じつはオマイ、プロやろ?」とわかってしまうw
ネットにもそんな情報ないので、普通はフツーの証券会社使いますもんね(^^;)
あの時代は、こんな“バグ”もあったし、無慈悲な超高速アルゴリズムボットもなかったので、
つくづく牧歌的ないい時代だったと思います。
みんな元気にしてるのかなあ。。。。


さて昔話はこれぐらいにして、14周年記念セミナーです。

日経225先物の2手法をご紹介します↓


名づけて「225で2000万円マラソン」

「ツーポイント225」

参加者募集します!



2000万円マラソンで採用してるトレード手法が「ツーポント225」ですが、

ほどよいトレード頻度とそのシンプルさで大好評いただいております。

小難しいテクニカルチャートをいじくりまわして「労多くして益少なし」のトレードばかりやってきたひとには

まさに"目からウコロ”の経験となるでしょう。



現在の結果↓

ハイリスクハイリターン型

2019年1月から初期元本100万円でスタートして複利運用します。

→2021年 6/28現在 5736500円


ミドルリスクミドルリターン型

2019年1月から初期元本100万円でスタートして複利運用します。


→2021年 6/28現在 3407500円

2020年はコロナ相場でむちゃくちゃな動きだったのですが、年初から元金は2倍になりました。

2019年1月からだと6倍です。

今年は最低でも2~3倍にはするつもりですが、現時点では年初から少しマイナスになっております。

やはり五輪後からが今年の本番でしょうか。



「ツーポイント225」は・・・・

朝(8:45)、ナイト(16:30)の寄り付き値を確認して注文するだけです。

PCに張り付かないので所要時間1、2分程度です。

ポジションの持ち越しはいっさいしないので、

松井証券やSBI証券、日産証券などで証拠金が半額近くになるサービスが利用できます。

資金が少ないならミニ1枚からスタートでもOK!

当たり前ですが、個別株のようにたくさんの銘柄監視の必要がない・・・
じつは、これこそが日経225先物の最大メリットだと最近つくづく実感します(^^;)
また、マーケットがでかいのでマーケットインパクトの心配も不要なのも大きなメリットです。



大切なのはルール化した複利運用を継続するだけです。

いっしょに2000万円マラソンに参加してみたい方は

「ツーポイント225受講希望」でメールください。



=====================================


コロナ相場で最強の日経225先物トレード!

「B面」

昨年のコロナ相場で前日にサインが決まる寄り引け型システムトレードは初のマイナス運用になってしまいましたが、

「ツーポイント225」のように当日の動きについてゆくタイプの運用は堅調でした。

そこで昨年の動きを徹底検証した結果、「ツーポイント225」のいいところを残しつつ、

チャンスがあまり重ならない手法を開発しました。

「ツーポイント225」のチャンスがないときにトレードできることが多いので、証拠金を遊ばせることなく効率的な運用が可能です。

ちなみに昨年だけで

買いのみの場合  +16620円  買い&売りの場合  +21600円
*日経225先物の+10円はミニ1枚あたり1000円の利益、ラージ1枚あたり10000円の利益となります。


今年は

買いのみの場合 +4110円  買い&売りの場合  +11910円
*日経225先物の+10円はミニ1枚あたり1000円の利益、ラージ1枚あたり10000円の利益となります。

日中の「買い」と「売り」、ナイトの「買い」と「売り」4つのステージに分けて、

変則的な両建て運用をしますが、翌日またはセッションをまたがる持ち越しはいっさいしません。

こちらも五輪後からが勝負かなと思っております。

「ツーポイント225」とはあまりチャンスがかぶらないようになってますので、

資金をフル活用するなら両方やるのがいいと思います。


*「ツーポイント225」と違って、「B面」は最低ミニ5枚からの運用となりますので、ご注意ください。



                    ☆☆☆☆☆「ツーポイント225」「B面」☆☆☆☆☆

受講料 

「ツーポイント225」・・・28万円

「B面」・・・38万円

受講希望の方は件名「ツーポイント225 or B面受講希望」にて

①氏名・年齢・職業
②住所・携帯番号
③投資歴
④受講希望日時と場所を第三希望まで

*遠方の方や多忙な方は、テキストのみ、またはスカイプでの受講も可能です。
アフターフォローとして、お電話やメール、スカイプでの質疑応答も何度でも無制限です。
正確に理解できるまで何度でも教えます。
そもそも究極にシンプルなので、そんな必要もないですが(^^;)

東京(品川)or大阪で当方事務所での対面セミナーご希望の場合、受講日と場所のご希望をお申し出ください。



お申し込みメールは  nk225longshort@yahoo.co.jp  まで



☆☆☆ブログ14周年記念同時受講割引☆☆☆

2つ同時受講の方は14万円割引させていただきます。


☆☆☆コロナに負けるな割引☆☆☆

過去に日経225先物関連の手法を受講された方は8万円割引させていただきます。



☆☆☆24時間限定!ブログ14周年記念割引☆☆☆

6/29(火) 18:00までのお申し込みで5万円割引させていただきます。


*上記割引の併用はできません




お申し込み締め切り 2021年6月30日(水) 23:00

スポンサーサイト



プロフィール

専業トレーダーです

Author:専業トレーダーです
ブログ15年目に突入!会社経営やめてから専業トレーダーとして生きております。




為替・FXランキング

売買シグナル配信ランキング

社会・経済ランキング

最新コメント

月別アーカイブ